となりの岡山田くん|雨が降ったら、虹をかけよう。がんばれ、岡山田くん。|地味だけど、ちょっといいヤツ。晴れの国おかやまから、世界中にありがとう。|前野朋哉監督 ショートフィルム|山田晨介 ゴダール金太郎 重岡佑一郎 斎藤 陸 金定和沙 前野朋哉 中村無何有 ブルゾンちえみ 千鳥|岡山県

MOVIE

本篇はこちらをポチッと

予告篇もチェック

STORY

あの日、岡山に大雨が降った。
「晴れの国おかやま」が雨でやられ、元気がない。
風評被害もあり、岡山への観光客も
減っているという現実……。

県内の高校に通うごく普通の高校3年生、
岡山田たつのすけ。
ある日、彼の心の中に謎の声が語りかけてくる。
それは「岡山に虹をかけて」というメッセージ。
岡山田はその声に突き動かされるようにして、
親友ゴダールと一緒に
岡山を盛り上げるための
PR動画をつくることにした。

主演は演技経験ゼロの岡山田。
映画監督志望のゴダールはスマホで撮影を開始。
最初は仲良く進めていたが、
出演者の確保に難航したり、
集まったかと思えば
クセのある連中ばかりで撮影はうまく進まない。
挙げ句の果てには仲違いし、空中分解寸前に。

この物語は、
県内の高校生たちが地元のために立ち上がる話。
うまくいかない。ケンカもする。
しょぼい。スケールも大きくはない。
でも、ふるさと岡山のことを思う気持ちだけは熱い。
彼らが手がけるPR動画は無事に完成するのか。
それは岡山に、誰かの心に、
虹をかけることができるのか。

STAFF 今年も前野、故郷を撮るってよ

昨年度の「ハレウッド」企画では、

4本の岡山県PR動画を監督。


ふるさとの良さを再発見した

前野監督が次に挑んだのは、


自治体のPR動画としては異例、

ちょっと長めのショートフィルム。


監督:

前野朋哉

まえの ともや

岡山県倉敷市出身(33歳)


俳優・映画監督


おかやま晴れの国大使


監督:

前野朋哉

まえの ともや

岡山県倉敷市出身(33歳)


俳優・映画監督


おかやま晴れの国大使


昨年に引き続き監督させていただきました2年目の“ハレウッド”は、初年度のオーディションに参加して下さった方が再びチャレンジしてくれた感動と、パワフルで魅力的な方々との出会いからはじまりました。
しかし、ハレウッド俳優を選考していた時に、西日本豪雨災害が起きました。
復興が最優先されるべきなかで、岡山県をPRしていくことに正直戸惑いは感じていました。
そんな災害がもたらした後ろ向きな迷いを晴らしてくれたのは、ハレウッド俳優のみなさんでした。
主演の山田くんは、晴れの国を代表するにふさわしい無垢な男子で、演技未経験ながら「岡山田くん」という「岡山」を背負った難しい役を底抜けに明るく、そして誠実に挑んでくれました。

その「岡山田くん」を助演のゴダールくん、金定さん、重岡さん、斎藤さんが一緒にもがきながら寄り添い、助け導くような演技で、見事に山田くんを主役にしてくれました。その関係性は、災害後たくさんの方に支え、助けていただいた岡山県の姿と重なりました。

「岡山田くん」のように、地味で無力かもしれないけど、誠実に向き合っていれば、きっとたくさんの方が「岡山」の素晴らしさに気づいてくれるはずです。そして、「岡山」を支え、助けてくれた方を今度は「岡山」が元気にしてお返しする。そんな関係がうまれればいいなという想いをこめて、この作品に取り組みました。

まだまだ大変な思いをされている方はたくさんおられますし、あの災害の傷は簡単に拭えるものではないですが、岡山は晴れの国です。雨に負けてはいられません。この作品がたくさんの方に届き、「岡山」はもちろんのこと、「岡山」に興味を持っていただいた方が前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

プロフィール
俳優と映画監督を並行し、俳優としてはジャンルを問わず幅広く出演している。
近年の主な出演作として、映画『嘘八百』、『チェリーボーイズ』、『旅猫リポート』、ドラマでは「わろてんか」、「サバイバル・ウェディング」、「フルーツ宅配便」、「疑惑」、「かんざらしに恋して」、舞台「火星の二人」、「放課後の厨房男子」、「MONSTER MATES」。auのテレビCM「三太郎シリーズ」では、一寸法師、彦星を演じる。監督作『脚の生えたおたまじゃくし』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010の審査員特別賞&シネガー賞をダブル受賞。監督・出演した短編作『春夫と亮二 第一話河童』が第30回東京国際映画祭(2017)で特別上映される。

CAST 新・ハレウッド俳優、 誕生

昨年6月に開催した第2回

「ハレウッド俳優オーディション」にて、


応募総数119名の中から

主演・助演の計5名を選出。


演技経験ゼロから若手の俳優陣まで、

個性的な顔が揃いました。


岡山をこよなく

愛する高校生

岡山田くん 役

山田晨介

やまだ たつのすけ

岡山県新見市在住(18歳)


高校生


合格の報告をいただいたときは耳を疑いました。演劇部でもなく、ただの素人で撮影の前は不安でいっぱいでした。
しかし、前野さんをはじめ、プロの方々に支えられながら楽しく撮影を終えることができました。
こんな素人が主演でも全国・世界に発信できる映像になり、役者の皆さん、スタッフの皆さんの技術に感動しています。
この動画で一人でも多くの人に岡山に興味を持っていただき、岡山がさらに元気になっていくことを願っています。
ぜひ岡山へ足を運んでみてください。
世界中に虹を! あなたのとなりの岡山田。

夢は映画監督

ゴダールくん 役

ゴダール金太郎

ごだーる きんたろう

岡山県岡山市在住(19歳)


大学生


はじめまして。ゴダール金太郎です。
この度はハレウッド俳優に選んでいただいて本当にありがとうございました。
僕の育った岡山が「晴れの国」たる所以は、単に気象ではなく、人、言葉、文化、あらゆるところに隠れています。読み聞かせは桃太郎、食後にはマスカット、初デートは後楽園。約20年間、楽しい日も苦しい日も岡山と共にしました。
のびのび晴れ晴れ僕を育んでくれた岡山に、ほんの少しでも恩返しができたら嬉しいです。

謎にアツい男

重岡くん 役

重岡佑一郎

しげおか ゆういちろう

東京都在住/倉敷市出身(31歳)


俳優


重岡役を演じさせていただきました、重岡佑一郎と申します。まず、自分は前回のオーディションでは動画審査落ちで悔しい思いをして、
今回は何が何でもという気持ちでぶつかったので、受かった時はめっちゃくちゃ嬉しかったです。しかし、撮影前に僕の地元の倉敷が大雨で大変な被害に遭い、ニュースを見て唖然としました。撮影前にボランティアにも行かせていただきましたが、自分の無力さを痛感しました。劇中の岡山田の「ワシらになんかできんかな?」。このセリフは自分だけではなく、監督、役者、スタッフ、皆んなの思いだったと思います。そして、この動画を見て少しでも明日も頑張ろう!と思っていただける方がいると嬉しく思います。また、このメンバーで集まり何か撮りたいです。ありがとうございました。

でしゃばりな英語教師

斎藤先生 役

斎藤 陸

さいとう りく

東京都在住/北海道出身(28歳)


俳優


皆様初めまして。斎藤先生役を勤めました斎藤陸です。
実は、今回のキャストの中で唯一岡山県出身ではなく参加させて頂きました。それまでは岡山県に足を運んだ事もなかった自分ですが、このような機会で岡山県ならびに地元の方々と素晴らしいご縁を頂けた事に大変嬉しく思います。
撮影時は見事な晴天で、本場「ハレウッド」をたっぷり堪能しながらキャスト・スタッフの皆さんと熱く、そして楽しく一丸となって作品作りが出来たと思います。
一人一人の岡山への思いが集まったこの動画が岡山県の皆さん、そして全国の皆さんの心に届けば幸いです。
それにしても・・撮影時に食べた中華そば、一人何度も食べに行ったデミカツ丼の味が、忘れられない!

秘密を抱えた教師

金定先生 役

金定和沙

かねさだ かずさ

岡山県真庭市在住(25歳)


俳優


動画には一言では言い表せない岡山らしさが溢れていると感じました。岡山の魅力はたくさんあるけど、岡山だけの魅力は何だろう、と、ハレウッドでは地元の岡山を考えてみるきっかけをもらいました。
しかし西日本豪雨の衝撃は強く、被害のかたちは様々で、たくさんの励ます声がある中で、どんな行動をとるべきか考えることもありましたが、「虹をかけよう」という言葉がとてもしっくりきています。
動画が配信され、少しでも共感が得られるとハッピーです。あと、皆々様のおかげで撮影期間中最高に楽しかったです。ありがとうございました。
  • 中華そば屋 役

    前野朋哉
  • 中村先生 役

    中村無何有
  • 特別出演

    ブルゾン
    ちえみ
  • 特別出演

    千鳥 大悟
  • 特別出演

    千鳥 ノブ

COMMENT 応援コメント がんばれ!岡山田くん

※コメントは届き次第、随時更新中。

  • 藤井 隆

    メッセージ。ストーリー。
    そんな大事なことより新人・岡山田くんのみっしり感に夢中。
    毛量。黒目。口角の上がり下がり。
    みっしりjuicy.
    それは岡山の桃がみっしり美味しいのにとても似ている。
    岡山田くんが桃に見えてきた。
  • 吉田大八

    映画監督

    「羊の木」「桐島、部活やめるってよ」

    こんな時代、こんな状況だからこそあえて「青春」というキーワード、
    その突破力が必要なのかもしれません。
    心の学生服を一生着続ける男、前野朋哉がやってくれました!
  • 岡山天音

    俳優

    前野監督…最高でした…。
    同じ岡山業界を担う者として、また一歩先へ行かれてしまいましたね…。
  • 大九明子

    映画監督

    「美人が婚活してみたら」「勝手にふるえてろ」

    前野君…岡山をどうする気だい! と笑いながら見ていたら
    4話の終わり〜最終話の頭でうっかり泣いてた。
    散りばめられた懐かしい風景、食べ物、方言。
    「でーれーガールズ」の撮影で通った岡山、晴れの国。
    晴れだって、雨だっていい。また行きたくなったよ。
  • 梶原 善

    役者

    コレは、僕が勝手に思っている事なんだけど、
    岡山人は、ちょっと変わってる。ちょっと何か違う。
    特質したものがあると言うか、妙な風味を持っていると言うか、
    岡山人は何か違うと僕は思う。
    そして、ご多分に漏れず前野朋哉くんも、不思議な空気が漂っている・・・。
    そんな彼が作ったショートムービーなんですね。
  • 奈緒

    女優

    どストレートな岡山愛と岡山田くんのかわいらしさにトキメキました。
    私自身昨年に映画「ハルカの陶」の撮影で岡山県を訪れ、
    触れ合った皆さんの優しさを忘れられずにいます。
    今でも備前焼に盛った炒め物にカキオコソースをかける日々です。
    この動画をきっかけに岡山県で大好きなものを見つけられる方がもっともっと増えますように。
  • 小林顕作

    オフロスキー役、明石全登役(真田丸にて)

    前野くんとは、先日、舞台にて演出家と役者という関係でご一緒しました。
    岡山といえば、僕が演じた明石全登様が眠っておられる場! そこでPR動画を監督するなんて! 応援しないわけにはいかないではないか! 呼ばれてもないのに「よんだ?」と出てきてしまうではないか!
    ビバ! 岡山県! と共に叫ぼうではないか!
  • 大野拓朗

    俳優

    観進めていくと、どんどん先が楽しみになってくる。
    岡山田くんの個性が、監督の前野さんばりに愛嬌があってとても可愛いです。
    青春だなー。あったかい、優しい岡山がとっても伝わってきました。
    岡山に行って、美味しいものたくさん食べたい!
    わしも岡山が好きなんじゃー
  • 浜崎慎治

    CMディレクター(au三太郎など)

    俳優業をやりながら監督業もこなす前野朋哉は、やっぱりパワフルだ!
    蛭子能収の息子さん? みたいなその風貌からは予想できないが、
    そのパワフル感はきっと内に秘められている。
    人間くさい。味がある。飾らない。そんな言葉が前野さんにはよく似合う。
    その人柄が映像に滲み出ていて、どこか温かい作品。
    しかも、岡山田くんのキャラは最高だ。
    となりの鳥取県出身である僕も負けてられない。
  • 三木孝浩

    映画監督

    「フォルトゥナの瞳」「先生!、、、好きになってもいいですか?」

    素朴で、ほっこりして、憎めないユーモアがあって
    描かれてる世界、これはまさしく前野朋哉そのものじゃないか!
    岡山の「モノ」ではなく、「ヒト」をPRする。
    そこに体温がある。
    前野くんの溢れる岡山愛に、とっても幸せな気持ちになれました。
  • 上田慎一郎

    映画監督

    「カメラを止めるな!」

    深夜に前野さんが監督した『となりの岡山田くん』を観る。
    岡山田くんの明るさ、ひたむきさ、まっすぐさ、バカさ、全部ひっくるめて愛おしかった。疲れた体に効く栄養ドリンクのようなドラマでした。
    演技未経験だったという山田君がなんとも魅力的。本編YouTubeで観れます。心に虹をかけたい人、ぜひ。
  • 水島麻理奈

    女優

    (2017年度 ハレウッドムービー助演)

    豪雨災害もあり、今年のハレウッドムービーはもう無いんかなと落ち込んでいました。
    でも、完成したと報告を頂き、
    動画を見たら私の背中をバンっと叩いてくれるようなそんな元気の出るショートフィルムで、
    岡山はやっぱり人も県も【晴れの国】に相応しい
    変わらない魅力があると誇らしく思いました。
  • 高尾美有

    女優

    (2017年度 ハレウッドムービー主演)

    岡山だ〜!! と心から叫びたくなりました。
    前野監督の遊び心のある演出を見て、私が主演した昨年度の撮影を思い出したり、岡山での青春時代を思い出したり…大好きな岡山に帰りたくなりました!
    なんで名前が「岡山田くん」なんだろう? と思ってましたが、最後まで見たらそんなことよりも「中華そば」が食べたくなっていました(笑)
    あ、でも津山ホルモンうどんもいいなぁ…お腹空きますね。美味しいものが食べたくなったら岡山に一度いってみるべし!
  • 山田晨介の父・母

    岡山田をこよなく愛するふたり

    最後の岡山のうた(虹をかけよう?)、なんで大佐山が入ってねえんじゃろ。千屋牛も鯉ヶ窪も入れて欲しかったよなあ。瀬戸内バナナ入れてよと思った人もおったかも!? ということは、岡山に住んどる人の分だけエンドレスに続く歌じゃなあ。
    こんな岡山でたくさんの人に支えられて育つことができて良かったなあ。
    この岡山に、へっったくそな岡山田の演技がちょびっとでも役に立っとったらうれしいなあ。
    スタッフ、共演者の皆さんにでーれー、ぼっけえ感謝です。ありがとうございました。
    岡山田をこよなく愛するふたりより
  • गोदार देउ

    गोदार को बुबा (नेपाल बाट)

    २० वर्ष पहिला ओकायामा आय बाट नै धरै मन पर्यो | पहिलो पटक हिउ देखे .समुद्र गयको पनि ओकायामा पर्तेक , दिन गन्दै छोरा,जन्मेको पनि ओकायामा ,ठुलो पानि पर्दा खेरि मैले केहि गर्न नसक्दा मन दुखेको थियो |तर यो मुबी बाट ओकायामा लाइ सयोग पुगेमा धरै खुसि छु |माहेनो जी को हिर्दय मा बागवान बस्नु वहयाको छ जस्तो लग्यो
    (日本語訳)

    ゴダール デウ

    ゴダールくんの父(ネパール出身)

    僕は20年前に岡山に来てからずっと岡山が大好きです。初めて雪を見たのも、海に行ったのも岡山、そして、あと1日、もう1日と僕の息子が生まれるのを待ったのも岡山です。
    去年大雨が降ったとき、僕には何もできなくて心ほんとうに痛いでした。でも、この映画に協力させてもらえてとても嬉しいです。
    前野さんの心に神様いるみたいです。

AWARDS ハレウッド俳優オーディション2018応募動画・作品賞発表

応募動画も必見。

みんながつくった

岡山県PR動画。

  • たくさんのご応募、

    本当にありがとうございました。


  • 「岡山県と自分をアピールする動画を

    つくってネットにアップしてください」


    という難しいオーディション課題に

    立ち向かったみなさんにエールを!


  • この動画自体が岡山県のPRになっています。


    ぜひご覧ください。


副賞 賞状・岡山県特産品

HARE ようこそ、晴れの国おかやまへ

平成元年から使っているキャッチフレーズ

「晴れの国おかやま」。


気持ちまで晴れやかにしていく岡山県を

これからも目指していきます。


ぜひ一度、岡山県に遊びにおいでください。


  • カモン! オカヤマ

    〈 復興メッセージ動画 〉

  • ハレウッドPRムービー

    〈 千鳥主演・しゃべるポスター動画 〉